HOME 検査・サービス SLOFEC

検査・サービス

SLOFEC

1.概要

配管やタンク等に発生する裏面腐食は、漏洩事故につながる重大損傷であり、その発生位置の推定は困難である事から、検査対象物の全面探傷が必要になっています。
弊社は効率的かつ重大な腐食減肉を見逃さない腐食検査方法として高速スクリーニング技術であるSLOFEC™と精密探傷技術であるUT を組み合わせた検査をご提供致します。

2.特長

SLOFEC™
  1. 高速検査が可能です。
  2. 重大な腐食減肉を見逃しません。
  3. 前処理・接触媒質が不要です。
  4. 減肉率の推定が可能です。
  5. 移送解析により、表面減肉・裏面減肉の識別が可能です。
UT
  1. 残肉値が得られます。
  2. SLOFEC™により位置特定を行うため、前処理・測定範囲を最小限にできます。
図

3.適用対象例

  1. タンクの腐食調査:底板、側板、屋根板等
  2. 配管内面の腐食調査:ボイラチューブ、タンクヒーティングコイル、原油配管、海水配管他
  3. 煙突の腐食調査
タンク底板
タンク底板
ボイラチューブ
ボイラチューブ

適応対象物及び適応目的

対象物
  • 発電設備
  • 石油・石油化学
  • ガス
目的
  • 内部欠陥検出
  • スクリーニング
方法
  • 渦流探傷試験

お問い合わせ

本社
〒550-0014大阪市西区北堀江1-18-14
TEL.06-6539-5821(代表)
FAX.06-6539-5820

Top