HOME 検査・サービス マルチチャンネル超音波連続厚さ測定装置

検査・サービス

マルチチャンネル超音波連続厚さ測定装置

1.概要

本装置は配管の外面からの連続肉厚測定を効率良く行う為の装置であり、従来の手動による連続肉厚測定と比較して現場での測定および記録作成の工数を大幅に低減可能な装置です。

2.特長

  1. 15個の垂直探触子を同時に走査することにより、広い範囲を効率良く検査が可能です。
  2. エンコーダ付の手動スキャナにより連続的にデータ採取が可能です。
  3. Cスコープにより減肉分布のマッピングが可能です。
  4. 任意の管断面のBスコープ表示が可能です。
  5. 全波形データを保存している為、再解析・経年監視が容易です。

3.装置概観

15CHスキャナ外観
15CHスキャナ外観
φ200〜平板までの曲面に対応
φ200〜平板までの曲面に対応

4.データ画像例

5.性能・測定効率

・適用対象
水平配管、垂直配管の直管部
・適用管径
φ200〜平板
・測定方式
R-B1法
・測定ピッチ
1 〜 10mm
・最大測定速度
125mm / sec
・測定範囲
板厚2〜50mm
・測定精度
板厚 ±0.1 mm
・スキャナ重量
5Kg
・電源
バッテリー駆動
・接触媒質
ソニコートまたは水

適応対象物及び適応目的

対象物
  • 発電設備
  • 石油・石油化学
  • ガス
  • 土木・建築
目的
  • 内部欠陥検出
  • 厚さ測定
方法
  • 超音波探傷試験

お問い合わせ

本社
〒550-0014大阪市西区北堀江1-18-14
TEL.06-6539-5821(代表)
FAX.06-6539-5820

Top