HOME 検査・サービス 保温上からの減肉調査(パルス渦流探傷装置:Lyft)

検査・サービス

保温上からの減肉調査(パルス渦流探傷装置:Lyft)

1.概要

本システムは、パルス渦流探傷法を用い、保温上から配管等の減肉程度をスクリーニング検査することが可能です。バッテリー駆動により小型・軽量化し、測定データを画像表示することで減肉傾向を推定することができます。

保温配管上からの適用例1
保温配管上からの適用例1
保温配管上からの適用例2
保温配管上からの適用例2

2.特長

  1. 保温解体不要による工事の費用低減・効率化が可能です。
  2. 画像処理表示によるデータのビジュアル化が可能です。
  3. 治具使用にて高所でも測定可能です。
  4. 運転中、高温部の測定可能です。(プローブ設置面の最大許容温度70°)

3.適用対象例

  1. 対象物: 各種保温管・機器、球形タンクコンクリート被覆支柱 等
  2. 適用サイズ: 配管肉厚最大100mm 保温材厚さ最大300mm 配管直径25mm以上
  3. 対象欠陥: 内面減肉、外面減肉(但し、内外面の判別は不可)

適応対象物及び適応目的

対象物
  • 発電設備
  • 石油・石油化学
  • ガス
  • 土木・建築
目的
  • 厚さ測定
方法
  • 渦流探傷試験

お問い合わせ

本社
〒550-0014大阪市西区北堀江1-18-14
TEL.06-6539-5821(代表)
FAX.06-6539-5820

Top