HOME 企業情報

ご挨拶

安全の防人(さきもり)として、 社会・産業・くらしの安全をお守りいたします。
p_president.gif

昭和32年の創業以来、私どもは非破壊検査技術で社会の安全をお守りする「安全の防人」たることをミッションとし、会社理念である心と技術が一体化した安全技術サービスのご提供に努めてまいりました。皆様方のお力添えにより、お陰様で60年を超える企業歴史を刻ませていただき衷心より感謝を申し上げます。

社会の変化に伴い国内ではエネルギー関連を中心にプラントの統廃合が進み、社会インフラ全般の老朽化も大きな問題となっています。非破壊検査への期待の高まりを一層強く感じる時代ですので、あらゆるご要請にお応えできるよう新技術の開発と品質サービスの向上に引き続き全力で取り組んでまいります。

人や物を慈しみ大切にする安全の心と物事の理非曲直を明確にできる心をもった人間性豊かな検査技術者集団であるべく常に精進してまいりますので、今後とも末永いご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 山口多賀幸

事業案内

  • 各種プラント(発電プラント・化学プラント・造船・橋梁・超高層ビルなど)に 供給される装置・機器・材料の製作時 から建設時までの各種検査、各種プラントの定期開放時の各種検査及び設備診断
  • 各種プラントの保全工事及び付帯工事
  • 各種プラントの事故・故障時の調査
  • 宇宙航空・自動車部品・新素材等の評価
  • 材料、溶接の物理化学実験
  • 焼鈍工事
  • 地中探査・橋梁・高速道路・高層ビル他の健全性の評価
  • 検査に関するシステム開発及びソフト開発
  • 検査装置の製造・販売ならびにメンテナンス
  • 損害賠償検査制度(非破壊検査職業危険特別約款に基づく保険)適用の検査工事
  • 非破壊検査及び検査業務全般のコンサルタント
  • 非破壊検査技術者の教育・訓練・指導

会社概要

名称

非破壊検査株式会社


本社

〒550-0014 
大阪府大阪市西区北堀江1-18-14(非破壊検査ビル)
TEL. 06-6539-5821(代表)
FAX. 06-6539-5820
E-mai : infome@hihakaikensa.co.jp
URL : http://www.hihakaikensa.co.jp

MAP

東京営業本部

〒103-0025 
東京都中央区日本橋茅場町1-4-9(日本ビル)
TEL. 03-5651-0311
FAX. 03-5651-0322

MAP

設立年月日

昭和32年6月21日


資本金

8,800万円


決算月

3月


代表者

代表取締役社長 山口多賀幸


役員一覧

一覧はこちらです。


取引銀行

りそな銀行/船場支店
三菱UFJ銀行/日本一支店
三井住友銀行/船場支店
みずほ銀行/南船場支店
池田泉州銀行/本町支店


放射性同位元素
使用許可
(文部科学省)

使第 962号(昭和40年10月8日)
使第1518号(昭和44年10月2日)
使第2967号(昭和53年3月1日)
使第3074号(昭和54年3月28日)
使第3199号(昭和55年4月10日)
使第4698号(平成9年2月4日)
使第4823号(平成10年9月22日)
使第7015号(平成29年7月20日)


会社認定

日本溶接協会(C.I.W)A種認定
(昭和53年4月1日)
電子科学研究所設備部会 A級認定
(昭和53年10月1日)
放射線管理手帳発行機関
(放射線従事者中央登録センター)
MO710A(昭和53年12月20日)
MO710B(昭和53年12月20日)


  

ISO9001認証 国際標準化機構品質保証システム
(平成11年7月2日)

outline_iso.jpg

認証範囲:

工業プラント、構造物に対する試験・
検査の技術開発及び技術サービス

対象範囲:

本社、安全工学研究所、大阪事業本部
神戸事業本部


グループ会社

ポニー工業株式会社
非破壊検査サービス株式会社
日本試験検査株式会社
東洋焼鈍株式会社
株式会社ピーアイエム


沿革

非破壊検査株式会社年表

昭和32年

非破壊検査のパイオニアとして大阪市北区に「非破壊検査株式会社」を設立
丸善石油(株)松山製油所(現・コスモ松山石油)第1期建設工事が始まり、全検査を受注

昭和34年

(株)久保田鉄工所(現・クボタ)、(株)栗本鉄工所、日立造船(株)、(株)酒井鉄工所などから水道鉄管の検査を受注

昭和36年

初の海外検査受注(台湾石門水力発電所の水圧鉄管の検査)

昭和37年

中外医線(株)と合弁で非破壊検査工業(株)を設立

昭和39年

国鉄(現・JR東海)東海道新幹線のレール継ぎ目溶接部の全線検査

昭和40年

ポニー原子工業(株)(現・ポニー工業(株))を設立
イリジウム192透過試験装置を開発
放射性同位元素使用許可を科学技術庁から受ける

昭和41年

イリジウム192透過試験装置の開発により日本能率協会プラントメンテナンス賞を受賞
日本原子力発電(株)敦賀発電所の建設に当たって、初の原子力関係検査を行う

昭和42年

日本試験検査(株)が発足

昭和45年

大阪で開催の日本万国博覧会のお祭り広場巨大屋根を検査
焼鈍工事部門を分離独立、東洋焼鈍(株)として新発足
非破壊検査サービス(株)を設立

昭和46年

初の「非破壊検査損害補償保険制度」がスタート

昭和47年

三菱重工業(株)神戸造船所と原子力検査工事に関する「品質保証協定」を締結

昭和49年

光陽検査(株)を設立

昭和50年

丸善エンジニアリング(株)など3社でエム・ジェイ・ピー(株)(現・コスモテクノサービス(株))を設立

昭和51年

プラントメンテナンス(株)を設立

昭和52年

オランダRTD社と業務提携
インドCCS社と業務提携

昭和53年

日本溶接協会から初のA種事業者に認定される
電子科学研究所から初のA級事業者に認定される
科学技術庁より放射線管理手帳発行機関の認定を受ける

昭和55年

プラントエンジニアリング(株)を吸収合併

昭和56年

「ブラザー制度」を開始
フランスIC社と業務提携

昭和58年

イラン国営石油公社から第三者機関と認定され、検査代行を実施
瑞豊産業(株)を設立

昭和59年

中小企業研究センター賞(中小企業庁長官賞)を受賞
西部石油(株)との合弁でポリテクニックサービス(株)を設立
東洋エンジニアリング(株)との合弁で(株)ピーアイエムを設立

昭和61年

毎日新聞社「毎日経済人賞」を受賞

昭和62年

科学技術振興に功労したとして科学技術庁長官賞を受賞。
コンクリートエンジニアリング(株)を設立。
西ドイツBBR社と業務提携

昭和63年

原子力サービスエンジニアリング(株)、ユニ電子工業(株)の両社と共同でテクノ電子(株)を設立
佐世保重工業(株)と業務提携

平成元年

イラン中央銀行から検査会社承認制度の初の承認企業として指定を受ける
放射線安全管理功労者事業所として、科学技術庁長官賞を受賞

平成4年

光陽検査(株)を吸収合併
フットワーク社とF1(フオーミュラー・1)に対する技術供与について契約
本社を現在の大阪市西区北掘江に移転

平成5年

関西文化学術研究都市に安全工学研究所を新設

平成6年

中国との合弁会社「大連日華設備診断有限公司」を設立
郵便小包など配送品の内容物検査装置「メールチェッカー」を開発、販売開始

平成8年

安全工学研究所を本社内に移転
富士写真フィルム(株)との共同開発のFCR移動検査計測車が完成

平成10年

電磁波防止シートの開発開始。
アメリカボーイング社と業務提携。
169Ybの使用開始

平成11年

執行役員制度導入
安全工学研究所東京分室(現・東京研究室)を開設
ISO(ロイド)9001取得

平成12年

(財)発電設備技術検査協会、石川島検査計測(株)、当社の3社提携開始

平成13年

給湯配管の検査方法開発
応用地質(株)と連携開始
近畿コンクリート工業(株)と提携

平成14年

ISO(ロイド)9001が2000年版へ移行完了

平成15年

大阪科学技術センターに当社のブースを常設

平成17年

検査技術センター設立

平成18年

PD資格者誕生

平成19年

創立50周年(6月)

平成20年

Nadcap(国際特殊工程認証システム)取得

平成22年

ISO(ロイド)9001が2008年版へ移行完了

平成25年

ISO 9001認証に 神戸事業本部を追加

平成26年

「行動宣言」を制定 ASNTレベル III技術者誕生

平成27年

RE技術者誕生

平成29年

創立60周年(6月)
ISO(ロイド)9001が2015年版へ移行完了

最近の業績推移

本社
〒550-0014大阪市西区北堀江1-18-14
TEL.06-6539-5821(代表)
FAX.06-6539-5820

Top