三次元マイクロフォーカスX線 CTシステム

1.精密検査・解析サービスの概要

最新型三次元マイクロフォーカスX線・CTシステムを開発し、検査サービスを開始しました。

(1)マイクロフォーカスX線は国内最高レベルの管電圧300kVを提供。
(2)コーンビームX線による三次元CT撮影・解析業務。
(3)新設計の支援、共同開発業務。
精密検査・解析サービスの概要
2.三次元CT画像
エンジンヘッドカバー

エンジンヘッドカバー

CT動画
CT動画
CT画像

CT画像

3.性能
(1)マイクロフォーカスX線では管電圧300kVと国内最高レベル。
(2)最大200倍までの拡大画像が得られます。
(3)透過厚さは鋼で30mm、アルミで130mm
(4)コーンビームCTの採用により、従来に比べて約1/10の時間で3D画像が得られます。
(5)CT画像は解析ソフトウェア(VGStudio MAX)の形式で提供。
4.適用分野
(1) 自動車部品、(2)航空・宇宙機器、(3)電子機器部品、(4)精密鋳造品、(5)精密機械部品、 (6) 金属積層部品
(7) ファインセラミクス他新素材
5.適用事例

① 内部寸法計測(シリコン部品)

探傷用スキャナー(平板用)

② BGAの不良(電子基板)

解析システム

③ 微小欠陥の検出(リチウムイオン電池)

探傷用スキャナー(平板用)

④ 不良解析(ベアリング内部)

解析システム

⑤ 鋳造方案の検討支援(ターボインペラ)

探傷用スキャナー(平板用)

⑥ 内部可視化(シリンダーヘッド)

解析システム