超音波データマッピング(HIC調査、減肉調査等)「フェーズドアレイUT」

1.概要
高速な超音波データマッピングで、材料の板厚情報や内部きずの情報を可視化できます。
2.特長
(1)リアルタイムの板厚マッピング表示により、高速な減肉評価が可能。
(2)HIC(水素誘起割れ)などの内部経年劣化損傷の定量評価・経年監視に利用可能。
(3)デジタルデータ保存によりB, C, Dスコープ等への画像変換処理が可能。
(4)HICの面積率、最小厚さおよびステップ状割れの評価も可能。
3.適用対象
(1)貯油タンク底板の裏面腐食状況調査
(2)各種容器・配管の内面腐食状況調査
(3)各種容器・配管のHIC調査
4.適用事例

HICの検出と評価

HICのステップ割れのBスコープ(断面視)画像と切断後の断面写真

HICのステップ割れのBスコープ(断面視)画像と切断後の断面写真

タンク底板裏面腐食の調査

タンク底板裏面の腐食状況のCスコープ
タンク底板裏面の腐食状況のCスコープ

タンク底板裏面の腐食状況のCスコープ(平面視)画像