超音波探傷法(セクタスキャン)「フェーズドアレイUT」

1.概要
超音波ビームの扇形走査で、断面情報を可視化します。
2.特長
(1)セクタスキャン(超音波ビームの扇形走査)での断面リアルタイム表示が可能。
(2)複数の屈折角の超音波による検査が可能で、優れたきずの検出能力を発揮する。
(3)デジタルデータ保存によりB,C,Dスコープ等への画像変換処理が可能。
(4)小型携帯型で可搬性に優れ、操作等の作業性もよい。
3.適用対象
(1)溶接部の検査
(2)検出されたきずの高さ測定(サイジング)
(3)ノズルなどの複雑形状部の探傷
4.適用事例

割れ高さの測定

詳細マップなど

疲労割れの可視画像

溶接部の探傷

探傷用スキャナー(平板用)
解析システム

配管溶接部の探傷状況