【SLOFECTM+UT】技術

1.概要
タンク底板・側板、各種配管等の内面減肉を高効率で検査する技術です。これらの検査対象物に対してSLOFEC™とUTを併用することで、高効率で精度の高い検査が可能です。

FLOFET+UT外観写真
2.特長
・SLOFEC™
(1)高速検査が可能です。
(2)重大な腐食減肉を見逃しません。
(3)前処理・接触媒質が不要です。
(4)減肉率の推定が可能です。
(5)移送解析により、表面減肉・裏面減肉の識別が可能です。
・UT
(1)残肉値が得られます。
(2)SLOFEC™により位置特定を行うため、前処理・測定範囲を最小限にできます。
3.適用対象
対象物の材質は強磁性材料(主に炭素鋼)を対象としています。
4. 適用事例
ボイラーチューブ、タンクヒーティングコイル、原油配管、海水配管、タンク底板、タンク側板、タンク屋根板、煙突他
FLOFET+UT外観写真