長距離超音波探傷システム「ロングレンジUT」

1.概要
ロングレンジUTは、配管にセンサを設置し、その両側に伝搬効率の高い超音波を送信することで、配管内外面を含む広い範囲の減肉調査が可能なスクリーニング検査システムです。
2.特長
(1) センサから両側数十メートル先まで一度に探傷可能です。
(2) Cスコープにより減肉の周方向位置の特定が可能です。
(3) 装置本体がバッテリー方式のため、探傷時の電源確保が不要です。
3. 適用対象
(1) 目視等が困難な配管(保温配管、埋設配管、ラック上配管)
(2) 防油提貫通部
(3) 配管架台接触部
(4) 外径2〜36インチの配管
探傷用スキャナー(平板用)

ロングレンジUT装置外観

ロングレンジUT探傷概要

4.適用事例(防油堤貫通部)